就職活動をされている学生の方へ
~ 社長からのメッセージ ~

“信頼”を掲げ、その第一は
「社員」から信頼される企業となること

小池化学は、1955年にLPガスの供給を目的に設立し、1960年にプロペラントガス(エアゾール用噴射ガス)の販売、1962年にエアゾール製品の製造・販売を開始し、一貫してLPガスの利用開発に携わり、長年にわたり企業努力を重ねてきました。
現在、プロペラントガス(エアゾール用噴射ガス)では国内トップシェアを誇り、エアゾール製品においては、受託製造(OEM)のみならず、製品の設計・開発による製造(ODM)を行うなど、エアゾール業界唯一のトータルサービスを提供しています。

企業理念は「信頼」
当社は、社是に“信頼”を掲げ、その第一に「社員」から信頼される企業となることとしています。人(社員)は財であり、人(社員)がいなければ会社は成り立ちません。当社では、入社前のビジネスマナー(通信教育)や入社3年目研修のほか、各種研修に力を入れるとともに、クラブ活動を通じた社員交流も大切にしています。
今後は働き方改革へ対応しながら、仕事と生活の調和・両立ができるようワークライフバランスの実現に向け、社員全員が働きやすい環境の整備・体制づくりに努めてまいります。
『より良い小池化学』を目指して
当社は『より良い小池化学』『より必要とされる小池化学』を目指しています。
エアゾール製品の開発・製造においては、エアゾール初である三相乳化技術の製品化が実現しました。今後も当社処方の開発に取り組み、付加価値の高い小池オリジナルを強化し、研究員同行による提案営業も行いながら、商品化を積極的に推し進めていきます。
プロペラントガス(エアゾール用噴射ガス)では、主力製品であるDME(ジメチルエーテル)の安定供給のため設備投資を行い、LPガスとともにシェアアップを図っています。
また、最近では業務用冷媒ガス事業を新たに立ち上げましたが、今後も新規ビジネスにも挑戦します。
あなたの“強み”を活かし、ともに成長しましょう。
当社は、“強み”を持った人材を求めています。
会社には様々な人が集まり、社員同士が相互に補完しながら企業活動を継続し、成長しています。つまり、社員一人一人がそれぞれの“強み”を活かし、弱みを打ち消すことで成り立っています。
小池化学であなたの“強み”を活かし、ともに成長してきましょう。

代表取締役社長 小池 清一郎


しごとをする環境

赤城工場 製造部 生形課長

人材育成を強化。
若いパワーとアイディアが飛び交い、刺激のある環境です!

当社の弱み・強みでもありますが、世代交代の時期であり、各責任者の年齢層が若くなってますので、社内・社外での研修やOJTにて基盤をより強化しています。よって若い方々のパワーとアイディアが飛び交っている会社ですので、環境としましては非常に頼もしく、刺激のある環境だと思います。
このページの下にはスタッフからのメッセージもありますので、よろしかったらご覧になってみてください。

まずは、私のいる赤城工場の紹介をいたします。

製造部ではエアゾール、液体充填品の受託製造を行っております。エアゾールとは様々な容器に原液とガスを充填してガスの圧力で内容物を放出するものです。
主な業務内容は原液とガスの充填作業と包装作業となり、充填、包装の責任者が設備操作、工程管理を行い、他の従業員が付属品装着等の軽作業を行っております。

その他、資材・製品管理(原材料の発注・入庫管理、製品の出荷管理、在庫管理)、製造設備・工場建屋の保守・保安管理も製造部の重要な業務です。

< 1日のスケジュール(例) >

  • 当日生産品の注意事項等を各部門の責任者が集まり確認を行います。

  • 新製品生産の際にクライアント様が工場に来場して製造、品質の確認を行います。

  • クライアント様、社内からの依頼事項をメール等で確認して対応

小池化学株式会社

03-5610-5161
〒130-0013 東京都墨田区錦糸3-2-1

先輩社員に聞いてみた!!

- パッケージ 営業部について -

仕事内容を教えて下さい。

パッケージ営業部では、主に化粧品、家庭用品メーカーへのエアゾール製品の企画提案営業と原料販売を行っています。

ミッション、雰囲気を教えて下さい。

パッケージ事業部では、皆様の生活をより便利に楽しくするため、ヘアスプレー、制汗デオドラントスプレー、UVカットスプレー等のエアゾール全般の製造・販売によりお役に立ちたいと考えております。
その中のパッケージ営業部は一番最初にお客様に直接対面する重要な部門です。
お客様のニーズにあった製品の提案受注から生産調整、新製品開発、納期対応といった様々な業務を担っております。それ故に、会社の歯車ではなくエンジンとして考動する部署であり、非常にやりがいを感じると思います。
店先で自分が手掛けた製品が陳列された時のあの達成感は他に味わえないものです。

他社と比較して優位性のある点や力を入れている点など、就活生に対して小池化学に入ると得をする点を教えて下さい。

当社は、自社オリジナル処方や産学連携による新技術を前面に押出したスピード感のある営業活動や化粧品産業技術展への出展等、新規顧客開拓を最優先課題として取り組み、自社処方の積極拡販を展開しています。
OEMからODMへ積極的な変貌を成し遂げ、メーカーポジションヘのステップアップを目指しています。

他社と比較して劣っている、及び、その点をどのように補っているのかを教えて下さい。

営業部門(東京、大阪)と生産部門&開発部門(群馬)の拠点に少々距離があります。しかしながら、昨今は頻繁にテレビ会議を開催することで意思の疎通を図るとともに適宜、同行営業にてベクトルを合わせた展開をしています。
また、当社ではクラブ活動を積極的に実施し、事業所、縦割り社会を超えた社員の交流が活発に行われ、全社が顔見知りの和気あいあいとしたフレンドリーな会社(組織)です。
※クラブ活動:野球部、卓球部、スキー部、ボウリング部、ゴルフ部、テニス部

- 技術部について -

仕事内容を教えて下さい。

技術部では、エアゾール製品、液体充填製品の設計・開発(開発品の試作、顧客へのプレゼンテーション、新製品の工場移管)のほか、要素技術の研究等も行っています。
また、万全な品質管理体制により、原材料の受入れから、製造工程、製品出荷と全工程で厳しい検査を行い、確かな品質を提供しております。
※国際規格ISO9001、ISO14001の認証取得。

ミッション、雰囲気を教えて下さい。

<ミッション>
・産学連携、他の企業とのコラボ等により要素技術を蓄積し、新規品の開発や新規事業の創出につなげること。
・顧客要望に従う製品の立上げはもとより、市場ニーズを的確にとらえ、確かなマーケティング手法により製品開発を行い、有効性、機能性等を評価した製品(エビデンスのある製品)を提供し、製品化に結び付けること。
・規格化された製品は工場移管され、生産においては受入検査、原液検査、工程検査、製品検査等を行い、規格にあった確かな製品を市場に送り出すこと。

<雰囲気>
・現在の技術部は管理職を除き、20歳台、30歳台を中心としたフレッシュな環境です。

他社と比較して優位性のある点や力を入れている点など、就活生に対して小池化学に入ると得をする点を教えて下さい。

技術部の開発担当部署は顧客からの依頼業務のほか、やりたい仕事(開発テーマなど)を自由に設定でき、技術部員のアドバイスを受けながら仕事をすることができます。
また、研究室に閉じこもるだけでなく、営業担当と一緒に様々な顧客に訪問することを推奨しており、自ら開発した製品をプレゼンし、打ち合わせを行うことで顧客の考えやニーズを直接知ることができ、次の開発に繋げることができます。
さらに、教育制度も充実しており、社内OJTだけでなくセミナー、外部研修への参加のほか、資格取得補助もあり、スキルアップが図れます。

他社と比較して劣っている、及び、その点をどのように補っているのかを教えて下さい。

同業他社においては生産量、売上げを伸ばすべく海外に工場を持ち生産をしています。当社はQCDのみで対応するのではなく、産学連携、他の企業とのコラボ等により同業他社にない新しい技術を見出し蓄積して、これを製品に生かすといった技術力で対抗しています。


先輩からのメッセージ

  • パッケージ営業部 三宅

    学校生活で、主に何を学習していましたか
    政策に関する勉強していました。具体的には経済学や法学など問題解決への手法を学んでいました。
    入社のきっかけを教えてください
    エアゾールを通じて、様々な業界に関わることができると思いました。またエアゾールの噴射剤がシェアナンバーワンで会社として安定感があると思ったため。
    学校生活で「学んだことが活かせた」、あるいは「これを学んでおくといいかもしれない」と思ったこと
    義務教育を確認しておくといいかもしれません。たとえば数学は売り上げの計算や見積もりを作成する際に使います。大学の勉強というよりも思考方法は活かせていると思います。
    入社前と入社後のイメージの違い
    入社前:ぼんやりとしたイメージではありますが、様々な業界に関わることができる。
    入社後:実際には様々な業界に関わるだけではなく、マニアックな製品から多くの人が知っている製品まで関わることができます。業務用の工業用品から店頭に並ぶ化粧品まで。またエアゾールだけではなく、ポンプ製品など様々な製品に携わることができます。
    仕事をしている時間の中で、良い出来事や、自分にプラスに感じたこと
    お客様からありがとうと言われることです。お客様や先輩・上司と話すことで日々勉強しないといけないと感じます。
    これから入社してくる方へ、約束できる期待して良いこと
    たくさんの人やたくさんの製品と関わることができ、自分が知らない知識をたくさん得ることができます。
    先輩からのメッセージ
    会社は学校とは違い、自分で考えて動かなければいけません。仕事をどう充実させ・どう成長させるかは自分次第だと思います。

    < 1日のスケジュール(例) >

    メール対応

    商談

    休憩

    商談

    メール対応
    日報・書類作成

    ※その他、会議あり
    部内ミーティング/週1回・生産会議/月1回・営業企画会議/2ヶ月に1回

  • パッケージ営業部 坂本

    学校生活で、主に何を学習していましたか
    主に生活経営学の勉強に取り組んでいました。私たちが身を置く生活空間では、地域コミュニティの希薄化や生活文化の衰退と様々な問題が生じています。このような問題の解消の糸口を探るため、幅広い視点から問題の原因や背景を探り、解決策を考えていくことを学んでいました。
    入社のきっかけを教えてください
    目に見えない「ガス」が、製品として目に見える形となり、生活に彩りをもたらすことに興味を持ったのがきっかけです。
    学校生活で「学んだことが活かせた」、あるいは「これを学んでおくといいかもしれない」と思ったこと
    様々な視点から問題の解決策を講じる学習をしていたので、消費者の要望を汲み取った製品作りへ活かせると思います。消費者の○○を叶える◇◇を訴求点として、△△の機能を持つ製品を作ろう、というような形です。
    入社前と入社後のイメージの違い
    学生から社会人へ環境が移り変わると、想像していた以上に意識の持ち方が異なると感じています。学生は受け身であっても情報を得られますが、社会人となると自身で積極的に働きかけないと、欲しい情報は得られないと感じています。意識を直ぐに変えないまでも、心得ておくと生じるギャップを縮められると思います。
    仕事をしている時間の中で、良い出来事や、自分にプラスに感じたこと
    当社はOEM(製造メーカーが他社ブランドの製品を製造する)会社のため、化粧品メーカーをはじめ様々な業界のお客様とお付き合いがあります。打合せの際に多様な業界の情報を知ることが出来る点は、自身にとってプラスであると感じます。
    これから入社してくる方へ、約束できる期待して良いこと
    当社営業は製品を作り上げる過程の大部分に携わることができるので、達成感をより身近に感じることができます。業務の範囲は広いかもしれませんが、それ以上にやりがいや責任感を強く感じられると思います。

    < 1日のスケジュール(例) >

    メール確認
    営業準備

    商談

    休憩

    商談

    メール確認
    事務処理

    ※その他、会議あり
    部内ミーティング/週1回・生産会議/月1回・営業企画会議/2ヶ月に1回

  • 赤城工場 技術部 河合

    学校生活で、主に何を学習していましたか
    化学工学を専攻しており、化学・物理・生物の基礎からプロセス工学を学んでいました。
    入社のきっかけを教えてください
    地元(群馬県内)で働きたいと考えており、大学の先輩も多い当社に入社しました。
    学校生活で「学んだことが活かせた」、あるいは「これを学んでおくといいかもしれない」と思ったこと
    危険物取り扱い(乙4)の資格は入社して必ず取るので事前に学んでおいたほうが良いと思います。
    入社前と入社後のイメージの違い
    意外にも地味な仕事が多いですがそれらも大切な仕事なのだと最近気づきました。
    仕事をしている時間の中で、良い出来事や、自分にプラスに感じたこと
    日々勉強が必要な部署なので、自分自身を向上させることはできます。
    これから入社してくる方へ、約束できる期待して良いこと
    自分のスケジュールで仕事ができるのでアフター5を楽しめるように調整できます。
    先輩からのメッセージ
    入社してから覚えることが多いと思いますが全員優しく丁寧に教えてくれるので安心してください。

    < 1日のスケジュール(例) >

    メール
    確認


    資料
    作成


    製造ライン
    立ち合い


    ミーティング
    日報作成

  • 赤城工場 技術部 竹内

    学校生活で、主に何を学習していましたか
    工学部の理系全般を、ゼミは有機生物化学系を学習していました。
    入社のきっかけを教えてください
    出身地の企業で開発職に就きたかったこと、人体用製品の最終製品を開発するメーカーが希望だったためです。
    学校生活で「学んだことが活かせた」、あるいは「これを学んでおくといいかもしれない」と思ったこと
    「自分が関心があること」を深く学んでおくことが良いと思います。
    入社前と入社後のイメージの違い
    入社前は工場研修や事務処理などの下積みが長期間ありそうだと思いました。入社後は早期から配属先の開発に携わることができました。
    仕事をしている時間の中で、良い出来事や、自分にプラスに感じたこと
    実際に市場に出回る製品を作るので身の周りの商品がどのようなものか詳しく知ることができます。
    これから入社してくる方へ、約束できる期待して良いこと
    今まで学んだ内容がどの分野であってもそれを何らかの形で生かせる環境だと思います。
    先輩からのメッセージ
    就活では面接などで遠慮せず聞きたい内容は聞いておくことがミスマッチを防ぐ上で大切だと思います。頑張ってください!

    < 1日のスケジュール(例) >

    作業予定
    確認


    試作
    検討


    安全性試験


    データまとめ
    日報作成